こだわり

「黄金比」から導き出された濃厚スープ

黄金比とは古代から伝わる「調和的で美しく見える比率」の事です。
古代ギリシャの建造物や美術品がすばらしく見えるのはこの比率によるものとされています。
天下一品のスープで使用している数種類の材料は私たちが普段、市場などで目にする「一般的な素材」ですがこの素材を特殊な製法でじっくりと炊き出し、独自の比率でブレンドすると黄金比の深いこくを持つ、どこにもまねの出来ないおいしいスープとなります。

「天下一品」誕生と木村勉社長の原点

「お客さんが来てくれる味って、何やろ。」屋台でもそればっかり考えてた。

大阪万博が開かれた翌年、昭和46年(1971年)、
京都で一人の男がラーメンの屋台を引きはじめた。
現在、天下一品グループ4社を率いる木村勉社長、36歳の時である。

ゼロからのスタート

それまで15年間勤めていた会社が倒産。
持ち金3万7千円、拾い集めた廃材を板金職人の友人に組み立ててもらってのゼロからのスタートだった。

初日の売り上げは11杯。当時の一般 サラリーマンなみの収入を得るには1日100杯を売り切らなければならない。
仕入れのための現金が底をつき、屋台の縄張りをめぐってのいやがらせが毎晩のように続く。
包帯を巻きながら、黙々と麺をさばく頭の中は、
「どうしたら、お客さんにもっと来てもらえるような味を作れるんやろ。」
という思いでいっぱいだった。
「これなら自分でもできるんとちがうか」とはじめた屋台のラーメンだったが、実際やってみるとたいへん奥が深かった。

秘伝スープの誕生

屋台仲間のおじいさんから教わった基本のスープは、どこの屋台でもある醤油味のスープ。
 
「この味ではわざわざ来てもらえない」―――
 
屋台を引きながら、いろんな材料で「これもアカン、あれもアカン」と毎日四苦八苦しながらやっと納得のいく味にたどり着く。
 
屋台を引きはじめてから4年目、天下一品秘伝のスープの誕生である。
 

「このコクは、何と何入れたから出るというもんでもないんです。」
鶏がらなどの食材を、じっくりと炊き出すなどしてつくるスープは、口当たりは”こってり”ながらも、後味は驚くほどすっきりしている。
「お客様を待たせてはいけない。
しかし、お客様に待たれる店でなければならない。
“正しい努力”を重ねれば、必ず、”お客様に待たれる店”になる。」―――
 
あれから30余年、木村社長はあらためて言い切った。